GoProでRTMPを使ってライブストリーミングする方法

GoProでRTMPを使ってライブストリーミングする手順のアイキャッチ GoPro

GoPro HERO7 Blackからライブストリーミングに対応し、いろんな配信サイトから生放送が出来るようになりました。

しかし、GoProアプリで初期登録されているYouTubeやFacebookからの配信は簡単に出来るのですが、登録されてない配信サイトからでは結構な手間がかかります。

それでも私のように「GoProの臨場感のある映像でニコニコ生放送したいんだ!」などと思っている人もいると思いますので、自分の備忘録もかねて手順をまとめました。

RTMPとは?

RTMPとは(Real Time Messaging Protocol)の略で、動画や音声をリアルタイムに配信サイトとやり取りするためのプロトコルです。

多くの配信サイトでは配信アプリ以外にRTMPでやり取りが出来るようになっているため、手順さえ押さえればGoPro配信が可能です。

配信サイトから発行されたRTMPのURLとストリームキーを使ってこのプロトコルを利用できるようになります。

配信サイトで放送枠を準備する

今回はニコニコ生放送を例に説明していきます。

まず、後程必要になるので配信に使用するiPhone(スマートフォン)にメモ帳アプリを入れておいてください。RTMPの文字列を連結するのに使います。

次に放送枠を作成するのですが、配信に使用するiPhone(スマートフォン)のブラウザでアクセスし『PC表示』にしてから放送するボタンをクリックしてください

ニコニコ生放送の表示をPC用に切り替える

RTMPの文字列を各アプリ間でやり取りするのにiPhone(スマートフォン)内ですべて作業する必要があるのと、スマートフォン表示で放送開始ボタンをクリックしても配信アプリのダウンロードページに飛ばされてしまうからです。

PC表示にしたら画面右上の放送するボタンをクリックして放送枠を作りましょう。このページでタイトルなどを入力して放送を開始するボタンを押しても、放送待機画面になるだけで放送はまだされていません。これから放送待機画面にRTMPでGoProの映像などを送信していきます。

RTMPのURLとストリームキーを連結する

次はGoProアプリに貼り付けるためにRTMPのURLとストリームキーを連結する必要があります。

ニコニコ生放送の自動延長をONにする

その前に放送待機の画面で手動延長で放送時間を最大にしておきましょう。ただ、今回この記事を書いている最中に再確認したところ手動延長が出来なくなっていました。自動延長にするしかないのですが、GoProではうまく働かない可能性があります。

ニコニコ生放送のRTMP情報をコピーしていく

準備出来ましたらRTMPのURLとストリームキーをコピーしていきます。ワンクリックでコピーできるボタンがあるのですが、PC用なのでiPhone(スマートフォン)でクリックしてもコピー出来ません(笑) めちゃくちゃ手間なのですがすべて手動でコピーしてください。

ニコニコ生放送のRTMPのURLとストリームキーを連結する

まず、RTMPのURLをメモ帳アプリにペーストし最後尾に/を付けてください。その後に続けてストリームキーをペーストして、URL/ストリームキーとなるようにしてください

これを後程GoProアプリの『RTMP URLを入力』という項目に貼り付けるのですが、URL/ストリームキーとなるように何故か連結する必要があったわけです。ここがわからずに放送できないとなってしまう人が大半だと思います。

準備出来たら放送枠はそのままにしてGoProの準備をしていきましょう。

GoProアプリにRTMP文字列を貼り付ける

それではGoProのアプリの設定をしていきます。

GoProアプリでLIVEアイコンを選択する

GoProとiPhone(スマートフォン)の同期を済ませてプレビュー画面が映るようにしましょう。プレビュー画面下のアイコン群をLIVEまでスワイプしてください。

GoProアプリで配信サイトを変更する

右下の□でかこまれたアイコンがこれから放送に使う配信サイトを表しています、現在ならFacebookになっていますね。今回はRTMPで配信するのでクリックし変更しましょう

GoProアプリでRTMP配信に変更する

RTMPを選択してください、自動で先程の画面に戻ります。

GoProアプリでライブの設定ボタンをクリックする

右下がRTMPアイコンに変わりました、ライブの設定ボタンをクリックして次の項目に移動しましょう。

GoProアプリのRTML URLを入力する

『RTMP URLを入力』の項目に先程用意したRTMPのURL/ストリームキーを貼り付けます。ここでURLだけを貼り付けてしまい配信できないというのが定番のミスなんですが、さすがにここはメーカー側が不親切だと思います(笑)

解像度などの項目を選んだ後、ライブストリームのセットアップをクリックしてGoProの準備は完了です。まだGoProの映像などが配信サイトに送信されているだけで、放送自体は開始しておりません

放送枠の番組開始ボタンをクリックして配信開始

ニコニコ生放送の放送待機画面で放送開始ボタンを押す

最後は放送枠の放送開始ボタンをクリックして配信を開始します。

GoProの映像などがちゃんと画面に表示されているか確認してから放送開始ボタンをクリックしてください。これでなんらかのトラブルがない限りはニコニコ生放送で6時間まで配信が出来ます。

一度トラブルがあるとこの手順を1からやり直さないといけないようになるので、なるべく安定した環境で配信するようにしましょう。

コメント

  1. 匿名 より:

    初めまして、ありがとうございます!
    GOPROでニコ生配信をする方法をずっと探していました。
    これでGOPROを買う事が出来ます。
    本当に貴重な情報に感謝します。

    • HIRO HIRO より:

      使いだすと色々とクセのあるカメラですが、
      それに余りある利点(ジンバル機能、配信と同時に高画質録画)
      があると思っています。
      ぜひ、使いこなしていい放送をして下さいね。
      コメント本当にありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました